スポンサーリンク

KALDIのスパイシートマトカレーシーズニングで簡単調理【感想】

カルディ

カルディで見つけた《スパイシートマトカレー シーズニング》

『トマト缶と混ぜて温めるだけ』というキャッチフレーズに目が留まりました😆

スポンサーリンク

KALDIの《スパイシートマトカレーシーズニング》を使って作ってみた

本当に『トマト缶と混ぜて温めるだけ』??

トマト缶もKALDIで同時購入しました😆
こちらの商品、それぞれ100円くらいでした!


と思いながらも、夕食のトマトカレーとしては

やはり具材を入れないと寂しい😅

ここは素直にパッケージに記載してある『お好みで具材に鶏肉を入れてもOK!』ということで、

ちょうど家にあったを鶏肉を使うことに。。

材料

そして、確実にトマトカレーに合うだろう、これまた冷蔵庫にあった玉ねぎとピーマンも加えました。


作り方

① 材料を炒める


② 炒めた材料に、トマト缶1缶(400g)と《スパイシートマトカレーシーズニング》1袋を加える。

(私はトマト缶に残ったソースを落としがてら、少し水を加えましたが、

やはり水っぽくなるのであまりお勧めはしません😓)


③ 私は少し水を入れて水っぽくなったので、水分を飛ばす為にも少し長め(5~10分くらい)に

とろっとするまで煮込みました😅


しかし、材料には火が通っていて、『温めるだけで』と書いてあるくらいなので、

それほど長く煮込む必要はないのだと思います。

ちなみにパッケージ裏面の<ご使用方法>には煮込み時間については記載がありません。


④ ごはんにかけて出来上がり!(ごはんは雑穀米です)


今回はこちらの《はくばく 業務用十五穀ごはん もち麦ブレンド》を使いました。

美味しくて大容量でお得で気に入っています。


そして、こちらの《国産 古代米4種ブレンド(赤米/黒米/緑米/発芽玄米) 》も

美味しくておすすめです。


 

スポンサーリンク

KALDIの《スパイシートマトカレーシーズニング》の感想

《スパイシートマトカレーシーズニング》のパウダーは風味が良くて、

食欲をそそる本格的な香りがしました!期待大🤩


食べた感想としては、少し酸味が強いかなと思いました。

トマト缶の酸味がどうしても前に出てしまうのかもしれません。。



それでも思いったらサッと作れて、忙しい時には有難いお助け調味料だと思います。

お肉や野菜は冷蔵庫に残っている好きな物を入れればいいし、

カロリーも固形のカレーよりは低いと思うので、サッパリ食べれて美味しかったです!!


家族3人であっという間に完食でした!

というわけで、だいたい3~4人前くらいかなという感じです。


KALDIではトマト缶の近くに置いてありました!



賞味期限も1年くらいあるので、買い置きしておけば安心かもしれません😊


ちなみにこちらの《スパイシートマトカレーシーズニング》をしているのは、

小袋調味料の製造販売をしている『アミュード株式会社』


小袋のスープ、お味噌汁、ソースやタレなど様々なものを作られているようです。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました